オーナー トップスタイリスト 木田 昌吾

EAB89DCE-BBB8-441E-81D8-C19777455A5B
美容師を目指したキッカケは?

父親と母親が美容師でずっと自由が丘でやっていました。

自分が高校生の頃美容師ブームで「カリスマ美容師」という美容師バブルといわれる時代があり、

他の同期の美容師さんは華やかな世界に憧れて美容師になったという人が多かったけど、

大変な部分、華やかでやりがいある仕事、という両方の側面を知っていたのですが、

自分は幼少期から父と母のがお客様と共に楽しそうにお客さまも喜んでいる姿など身近にありとてもすばらしい仕事だ!

という認識があったのでこの仕事を選びました。

keep hair designを選んだ理由は?

KEEPの代表になる前は、都内の某大手サロンにて修行を約8年くらいしていてスタイリストとしてさせて頂いていました。

諸先輩方の指導や環境のおかげで、スタイリストとして業績もそこそこ良かったのですが、ある日1本の電話があり、その内容が

「父が病気になってしまい5年生きられるか分からない。」

という内容の電話でした。

すごく悩みました。元々働かせて頂いていたサロンは勢いも有り、撮影、ヘアメイクなど会社として環境も抜群に良かったのです。

そして

当時父がやっていたサロンはセット面4面シャンプー台2台の12坪で自由が丘駅から徒歩1分。

立地としては良かったのですが、今まで働いていたサロンと外見では雲泥の差でした。

ですが、

幼少期に父や母がお客さまを笑顔にして、楽しそうに仕事している美容師のすばらしさが、常に私のバックボーンにありましたので、

当時23年続いた父のサロンを私が27歳の時に継承することに決めました。

継承した初めは色々大変でしたが、修行していたサロンでお客様にスタイリストとして指示して頂いていた恩恵もあり、

軌道に乗ってさらには今いる店長の松下や、スタイリストの甲田が入社し

初めは歴史のある小さなサロン「ヘアブティック KEEP」でしたが

[Keep HAIR DESIGN]として自由が丘駅徒歩1分のエレベーター付きの新築物件で、同じく好立地の場所に5年前に拡張移転することが出来ました。

そして個人事業から法人化「ショウセイ株式会社」を立ち上げ、

2018年4月頃に2駅隣の尾山台徒歩一分にさらに大きな30坪の路面店に2号店目を出店することが決まりました!

社員数も11名になりみんなで一丸となり、より日々精進してこれからもっともっと良い美容師の仕事をスタッフみんなで追求していきたい!と思っております。

keep hair designに入ってから思う魅力はどんなところですか?

スタッフみんなの色がしっかり出ていて、その輝きがお客さまに指示されているからこそ、今の会社が成り立っているという。スタッフそれぞれが、お店の最大の魅力です!

今どんな時にやりがいを感じますか?

自分もプレイヤーとしてまだまだ現役で続けていきたいと思いますが、やはりスタッフがゲストを笑顔にしてスタッフも楽しそうに仕事している瞬間を見た時です。

このページを見ている入社希望の方にメッセージ

H30年4月に2店舗目,

[THREE by Keep HAIR DESIGN]を出店します。

そこでもさらなる美容技術を習得出来る様な新しい環境も用意します。

うちのコンセプトでもある、美容技術や接客を通じて、

美容、デザイン、健康(心)の3っつを心から満足させる。

という3項目がしかり学べるところです。

これから美容師として成功するためには

3つを全て習得してお客さまに提供出来なければ絶対に,未来はないとお思います。

逆にうちの会社で、「美容」「デザイン」「健康(心)」をご提供出来るノウハウをしかり学び、

お客さまをよりハッピーにすることが自分も高めることが出来きます。

そんな向上心の高い方は是非1度見学だけでも来てみて下さい!

ショウセイ株式会社 代表 木田昌吾

【リクルート】スタッフ入社後のインタビュー

keep hair designに入ってから思う魅力はどんなところですか?